移植の How To

移植に必要な道具

  • スコップ・のこぎり・植木ハサミ
    • 土を掘ったり、根や枝を切るのになくてはならない道具です。
  • 根巻き材(緑化テープ・麻縄)
    • 根鉢を崩れないようにするための造園資材ですが、必要としないケースもあります。
      &ref(): File not found: "s_DSCF0330.JPG" at page "移植のHowTo";; 

表面の雑草除去

  • 根の周辺に雑草が生えていたら、根の部分から取り除きましょう。
    • そのままでは、雑草ごと移植してしまうことになります。

掘り取り

#ref(): File not found: "s_DSCF0324.JPG" at page "移植のHowTo"

#ref(): File not found: "s_DSCF0321.JPG" at page "移植のHowTo"

  • 地中からは驚くほど大きなガレキが出土することがあります。
    • 粘土質の土壌に加え十分に根が発達できていなかったケースです。
    • 本体を支える太い根を露出できたら、のこぎりできれいに切ります。
    • だいたいは、四方に太い根が張られています。

根巻き

#ref(): File not found: "s_DSCF0322.JPG" at page "移植のHowTo"

#ref(): File not found: "s_DSCF0325.JPG" at page "移植のHowTo"

  • 根鉢の大きさは、根元の幹直径の3倍~5倍を目安に掘り取ります。
  • 根鉢が崩れないよう緑化縄で根巻きを行います。

移植

#ref(): File not found: "s_DSCF0317.JPG" at page "移植のHowTo"

#ref(): File not found: "s_DSCF0326.JPG" at page "移植のHowTo"

  • 緑化テープは崩れやすくなった根鉢をくるむのに使います。
    • 時間の経過とともに、腐れて土に同化するエコな資材です。
    • 今回のケースは、お客様がご自分で移植(他県)されるということで、移動しやすいよう枝折り(しおり)をしてあります。
  • 今回の移植樹木はシダレザクラでした。(作業日3月28日)
    • 落葉樹は花が咲いたりや新芽が動き出す前に移植を済ませましょう。
    • サクラは枝や根の切り口から細菌が入りこんで病気になるので、殺菌剤の塗布を行ってください。(今回、殺菌剤はペースト状のトップジンペーストと希釈タイプのダコニールを使用しています。)
  • 移植先の土壌改良
    • 根を張り易い環境が必要となりますので、根鉢の1.5倍程度の植え穴におさめた後、堆肥や腐葉土を混ぜた山砂で埋め戻してあげてください。
    • 最後に風などで根が地中で振られないよう、支えを忘れずにしましょう。